前日日付を求める等、日時に関する計算

概要

set /a による数値演算が出来るので、一応、どのような日時計算でも可能である。

ただし、VBSには DateAdd() や DateDiff() といった関数があるので、それらに 頼るのが楽である。
関数の仕様については、マイクロソフトサイトのオンラインリファレンスを参照。

前月・翌月の年月を求める

月の計算であれば閏年の処理が必要無いのでバッチでも簡単に書ける。

set YYYYMM=%DATE:~-10,4%%DATE:~-5,2%
set /a LASTMONTH=YYYYMM-1
if %LASTMONTH:~-2%==00 set /a LASTMONTH+=12-100
set /a NEXTMONTH=YYYYMM+1
if %NEXTMONTH:~-2%==13 set /a NEXTMONTH+=100-12

前日・翌日の年月日を求める

バッチだけで行うスクリプトを示すが、次項のVBSを使う方法もある。

前日の日付を求める。

set YYYYMMDD=%DATE:~-10,4%%DATE:~-5,2%%DATE:~-2%
set/a ANS=YYYYMMDD-1
if not %ANS:~-2%==00 goto ans
if %ANS:~4,2%==01 set/a ANS+=-10000+1131&goto ans
for %%M in (02 04 06 08 09 11) do if %ANS:~4,2%==%%M set/a ANS+=-100+31&goto ans
if not %ANS:~4,2%==03 set/a ANS+=-100+30&goto ans
set/a ANS+=-100+28+(!(%ANS:~0,4%%%4)^^!(%ANS:~0,4%%%100)^^!(%ANS:~0,4%%%400))
:ans
set /a Y=%DATE:~-10,4%, M=1%DATE:~-5,2%-100, D=1%DATE:~-2%-100-1
if not %D%==0 goto ans
if %M%==1 set /a Y-=1, M=12, D=31&goto ans
for %%M in (2 4 6 8 9 11) do if %M%==%%M set /a M-=1, D=31&goto ans
if not %M%==3 set /a M-=1, D=30&goto ans
set /a M-=1, D=28+(!(Y%%4)^^!(Y%%100)^^!(Y%%400))
:ans
set /a ANS=Y*10000+M*100+D

翌日の日付を求める。

set YYYYMMDD=%DATE:~-10,4%%DATE:~-5,2%%DATE:~-2%
set/a ANS=YYYYMMDD+1
if 1%ANS:~-2% leq 128 goto ans
if %ANS:~-2%==32 set/a ANS+=100-31&if not %ANS:~4,2%==12 goto ans
if %ANS:~4,2%==13 set/a ANS+=10000-1200&goto ans
if %ANS:~4,2%==02 if %ANS:~-2% geq 29 set/a ANS+=2-(!(%ANS:~0,4%%%4)^^!(%ANS:~0,4%%%100)^^!(%ANS:~0,4%%%400))*(31-%ANS:~-2%)
for %%M in (02 04 06 09 11) do if %ANS:~-4%==%%M31 set/a ANS+=100-30
:ans
set /a Y=%DATE:~-10,4%, M=1%DATE:~-5,2%-100, D=1%DATE:~-2%-100+1
if %D% leq 28 goto ans
if %D%==32 set /a M+=1, D=1&if not %M%==12 goto ans
if %M%==13 set /a Y+=1, M=1&goto ans
if %M%==2 if %D% geq 29 set /a D+=2-(!(Y%%4)^^!(Y%%100)^^!(Y%%400))*(31-D)
for %%M in (2 4 6 9 11) do if %M%%D%==%%M31 set /a M+=1, D=1
:ans
set /a ANS=Y*10000+M*100+D

閏年判断において、論理NOT演算子(!)とビットXOR演算子(^)を使うことで if文を排除して判断できるようにした。
なお、遅延展開が有効な時は、! 演算子は ^^! と書き、 ^ と ! の連続は ^^! でなく^^^^^^! と書く必要がある。

7日前の日付を求める

VBSを使って計算する。

echo WScript.Echo DateAdd("d",-7,Date()) > tmp.vbs
for /f "tokens=1-3 delims=/-" %%A in ('cscript //nologo tmp.vbs') do set ANS=%%A%%B%%C
del tmp.vbs

1時間前の日付時刻を求める

VBSを使って計算する。

echo WScript.Echo DateAdd("h",-1,now()) > tmp.vbs
for /f "tokens=1-6 delims=/-: " %%A in ('cscript //nologo tmp.vbs') do set ANS=%%A%%B%%C%%D%%E%%F
del tmp.vbs


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-15 (金) 01:47:03 (4511d)